コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一万節塔 いちまんせっとう

世界大百科事典内の一万節塔の言及

【百万塔】より

…ここに示された寸法は塔心部の寸法であり,墨書銘から神護景雲年間(767‐770)から作られたことがわかる。小塔は100万基作られたが,このほかに1万基ごとの七重小塔(一万節塔),10万基ごとの十三重小塔(十万節塔)がある。これらの小塔は鎮護国家の目的で大安寺,元興寺,興福寺,薬師寺,東大寺,西大寺,法隆寺,弘福寺(川原寺),四天王寺,崇福寺の十大寺に分置されたが,現存するのは法隆寺の4万数千基のみである。…

※「一万節塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

一万節塔の関連キーワード百万塔陀羅尼