コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一全総 いちぜんそう

世界大百科事典内の一全総の言及

【国土総合開発】より

…このプランに対して,太平洋ベルト地帯に属さない道府県からはげしい批判があり,1961年7月,〈国民所得倍増計画および同構想に関連して,早急に全国総合開発計画の作成が必要とされる状況にある〉との閣議了解がなされた。 全国総合開発計画(のちに第1次全国総合開発計画と呼ばれることになるので,ここでは一全総と略す)は,国民福祉向上の見地から,生活基盤の整備については経済効果等にとらわれることなく,地域格差の是正に重点を置くが,道路,港湾,鉄道,用水等産業発展のための公共基礎施設は,地域格差是正の見地とともに,〈適切な産業立地体制を整える〉こともあわせて考慮すべきだとする。すなわち,都市の過大化を防止し,地域格差を縮小するために工業の分散が必要であるが,〈工業の分散に当たっては,国民経済全体からみて開発効果を最大にするよう考慮し〉〈工業の適正な配分は開発効果の高いものから順次に集中的になされなければならない〉というのである。…

※「一全総」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一全総の関連情報