コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一灯宗室 いっとうそうしつ

世界大百科事典内の一灯宗室の言及

【裏千家流】より

…元禄時代を迎えると,好みの道具の中に華やかな蒔絵のものが多く使われるようになる。8世一灯宗室は原叟の三男に生まれたが,竺叟の早世により裏千家の養子となる。兄如心斎天然の薫育をうけ,兄とともに千家七事式を制定し,千家の中興に尽くした。…

※「一灯宗室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一灯宗室の関連キーワード川上不白

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android