七ッ池(読み)ななついけ

世界大百科事典内の七ッ池の言及

【高千穂峡】より

…峡谷中央部には,水面から約10mの高さに岩石段丘があり,多量の地下水がわき出て谷底に落下し,真名井(まない)の滝をつくる。段丘上には多数の甌穴(おうけつ)が見られ,七ッ池と呼ばれる。新緑と紅葉が美しく,峡谷沿いには遊歩道がある。…

※「七ッ池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる