万有文庫(読み)ばんゆうぶんこ

世界大百科事典内の万有文庫の言及

【商務印書館】より

…《続古逸叢書》(1919),《四部叢刊》(1920‐35),《百衲本二十四史》(1930),《四庫全書珍本》(1933),《叢書集成》(1935)などの大型出版はみな彼が手がけた。 また1921年編訳所所長に就任した王雲五は西洋文化に詳しく,おりからの新文化運動の波にのり業績を伸ばし,28年には〈四角号碼〉という画期的な漢字検索法を考案して辞書類に大改革を加え《王雲五大辞典》を出版,また洋の東西の名著を集めた《万有文庫》(1929)を編集出版した。これらの出版のための収書も積極的に行い,初めは涵芬楼(かんふんろう)に集め,のちには東方図書館として公開し,東洋一の蔵書量であったが,社址の上海閘北が1932年いわゆる上海事変の主戦場となり,日本軍の砲火のためにすべて灰燼(かいじん)に帰した。…

※「万有文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android