コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅道乙 みやけ どうおつ

美術人名辞典の解説

三宅道乙

儒者。本姓合田、道乙は名、字は子燕、通称忠兵衛・大遺斎、号は鞏革斎・斫山・日研山樵。京都の人。寄斎の養子。寄斎に師事する。程朱学派。岡山藩儒臣。著書に『国訓朱子通鑑綱目』がある。延宝3年(1675)歿、62才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

三宅道乙の関連キーワード三宅鞏革斎儒者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android