コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅鞏革斎 みやけ きょうかくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅鞏革斎 みやけ-きょうかくさい

1614-1675 江戸時代前期の儒者。
慶長19年生まれ。三宅寄斎の養子。京都の人。「資治通鑑(しじつがん)綱目」に訓点をほどこして刊行し,道乙点通鑑として知られる。延宝3年8月21日死去。62歳。本姓は合田。名は道乙。字(あざな)は子燕。通称は忠兵衛。別号に大遺斎。著作はほかに「祭礼節解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三宅鞏革斎の関連キーワード三宅道乙合田晴軒三宅錦川

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android