コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三日ばしか みっかばしか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三日ばしか
みっかばしか

風疹」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の三日ばしかの言及

【はしか】より

…非常に感染力の強い疾患で,だれでも一度はかかると考えられている。三日ばしかと呼ばれるのは風疹であって,はしかではない。日本では1978年の秋からはしかワクチンの定期接種が始められ,九十数%に生涯免疫が得られているので,患者は減少している。…

【風疹】より

…俗に〈三日ばしか〉とも呼ばれる。風疹ウイルスの感染によって起こる軽い発疹性伝染病であるが,妊娠初期の婦人が罹患すると,白内障,先天性心疾患,小頭症など各種の奇形や病変(先天性風疹症候群)をもったいわゆる〈先天性風疹児〉が高率に生まれることが知られてから,重要な伝染病としてクローズアップされた。…

※「三日ばしか」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三日ばしかの関連キーワードおもな感染症と病原体紅皮症のおもな原因妊娠中の健康管理胎児死亡はしか麻疹脳炎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android