上村基宗(読み)うえむら もとむね

朝日日本歴史人物事典の解説

上村基宗

生年:生没年不詳
鎌倉末期の武士。沢村宗綱の孫。和泉国(大阪府)に設定された摂関家大番領の保司(保の管理者)として,大鳥荘(堺市)の地頭田代氏と対抗し,大鳥の荘内に城郭を構えて悪党と称され,元徳2(1330)年には守護の使者と合戦した。その後も大番雑掌と結んで悪党活動を行った。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android