コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上総秀胤 かずさ ひでたね

2件 の用語解説(上総秀胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上総秀胤 かずさ-ひでたね

千葉秀胤(ちば-ひでたね)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上総秀胤

没年:宝治1.6.7(1247.7.10)
生年:生年不詳
鎌倉中期の武士。常秀の子。寛元1(1243)年に従五位上となり,翌年に鎌倉幕府評定衆に任じられて幕政に参加する。将軍藤原頼経に仕えて,4年の執権北条時頼による頼経勢力排除の事件(宮騒動)では後藤基綱,三善康持らと共に評定衆を除かれたうえ,上総国(千葉県)に追放された。その翌宝治1(1247)年6月の宝治合戦三浦泰村が北条時頼に攻撃されると,泰村の娘婿となっていた秀胤は上総一宮大柳の館を攻撃されて滅ぼされた。その所領下総国の埴生荘は没収されて足利泰氏金沢実時らに与えられた。

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上総秀胤の関連キーワード藤原基家境常秀相良頼員武田信時千葉常秀東条景信二階堂行方波多野義重武藤景泰結城朝村

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone