コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上限関税

1件 の用語解説(上限関税の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

上限関税

米国等が要求している関税削減方式に含まれているもので、米や乳製品等、数百%のような高い関税を一定水準まで削減させるため、関税について上限を設定すること。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上限関税の関連キーワード季節関税シーリング方式選択関税互恵関税財政関税含まるスイス方式モダリティ(交渉の大枠)UR方式森林計画に含まれていない森林面積

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone