コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り簗 くだりやな

1件 の用語解説(下り簗の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

くだりやな【下り簗】

落ち鮎あゆを捕らえるのに設ける簗。 [季] 秋。 《 行く秋の所々や- /蕪村 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下り簗の言及

【やな(簗)】より

…小枝や細竹をびっしり並べた間の一部をあけて,そこに〈簀棚(すだな)〉を斜めに張って,泳いでくる魚をその簀の上に受けて捕らえる装置で,簀棚の代りに(うけ)をおくものを〈筌簗(うけやな)〉,袋網を設置するものを〈袋網簗〉という。また川の上流から下ってくる魚を捕るものを〈下り簗〉,産卵期などに遡上する魚を捕るものを〈上り簗〉という。この漁法はその川の魚を根こそぎ捕り尽くす恐れがあるので,魚族保護の立場からこの漁法を禁じているところも多い。…

※「下り簗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone