コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下り酒 クダリザケ

デジタル大辞泉の解説

くだり‐ざけ【下り酒】

上方(かみがた)から来た酒を江戸でいう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くだりざけ【下り酒】

上方から江戸へ輸送してきた酒。江戸でいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下り酒の言及

【酒問屋】より

…また酒問屋から駄売屋ないしは小売酒屋への仲介をする酒仲買人も存在した。 酒問屋のなかで,もっとも規模の大きいのは江戸の酒問屋で,そこでは下り酒問屋と地廻り酒問屋とに分かれていた。前者は下り酒を専門とする問屋で,後者は関東諸国(いわゆる関八州)より送られてくる酒を売りさばく問屋であった。…

※「下り酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下り酒の関連キーワード酒屋(酒を醸造、売買する商店)小西新右衛門(10代)寛政の改革醸造業上方亀崎酒屋新川

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下り酒の関連情報