コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下斗米秀之進 しもとまいひでのしん

4件 の用語解説(下斗米秀之進の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

下斗米秀之進【しもとまいひでのしん】

相馬大作

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下斗米秀之進 しもどまい-ひでのしん

相馬大作(そうま-だいさく)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下斗米秀之進

没年:文政5.8.29(1822.10.13)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の武士。名は将真。総兵衛の子。南部(盛岡)藩士で,幼少より南部家の家来筋たる津軽(弘前)藩祖津軽為信の奸悪を憎み,200年前に南部藩主の受けた恨みと軋轢を晴らそうと決意し,文化年間(1804~18)江戸に出て相馬大作を名乗り,刻苦精励して武術を修めた。文政4(1821)年同志関良助らと謀って津軽藩主津軽寧親のお国入りを襲撃したが,内通者も出て果たさず,家族ともども江戸に逃れて隠れ住んだ。これがいわゆる檜山騒動で,津軽藩の訴えで幕府に捕らえられ,良助と共に小塚原で刑死,獄門となった。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下斗米秀之進
しもどまいひでのしん

相馬大作」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下斗米秀之進の言及

【相馬大作】より

…江戸後期,盛岡藩の地方給人。本名は下斗米(しもどまい)秀之進。盛岡藩領福岡の下斗米惣兵衛の子。…

※「下斗米秀之進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下斗米秀之進の関連キーワード藤谷為脩本阿彌親平奥村貞心尼亀田厳楽右兵衛の陣浅野五助浅野五兵衛清水七兵衛高田吉近藤間勘兵衛(7代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone