コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界エイズ・結核・マラリア対策基金

2件 の用語解説(世界エイズ・結核・マラリア対策基金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界エイズ・結核・マラリア対策基金

3大感染症への予防、治療、感染者対策のため、各国政府の拠出や民間財団の寄付など世界中から資金を調達し、分配するための基金。スイスの法律に基づく民間財団として02年1月に設立された。06年11月現在、約66億ドル(約8千億円)の寄付が寄せられ、これまで136カ国460プロジェクトへの支援が承認されている。

(2007-02-22 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界エイズ・結核・マラリア対策基金
せかいえいずけっかくまらりあたいさくききん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界エイズ・結核・マラリア対策基金の関連キーワード腸チフス破傷風防疫指定感染症感染症予防法予防注射感染症指定医療機関感染症予防・医療法特定感染症HIV感染者

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界エイズ・結核・マラリア対策基金の関連情報