コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界無形文化遺産

2件 の用語解説(世界無形文化遺産の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界無形文化遺産

世界中の様々な無形遺産の認知度を高め、保護していくという理念のもと、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が2003年の条約でつくった制度。民俗芸能伝統工芸技術など5分野で、各国から推薦されたものを審査し、登録する。現在制度には約140カ国が参加、232件が代表リストに登録されている。内戦などで存続の危機にあるものをのぞき、登録されても、資金や人的支援はない。

(2012-02-06 朝日新聞 朝刊 朝文化1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界無形文化遺産の関連キーワードイベント・マーケティング広告認知文化遺産無形文化遺産保護条約イコモス紙価を高める複合遺産便器自然遺産女性の参画目標

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界無形文化遺産の関連情報