中原尚雄(読み)なかはらひさお

世界大百科事典内の中原尚雄の言及

【西南戦争】より

…もとより,それは士族に対する政府の特権剝奪政策への批判と対応していた。明治政府は鹿児島県士族の動向を探るために警視庁少警部中原尚雄らを派遣するとともに,鹿児島県属廠の兵器・弾薬を大阪に運搬させた。このことが私学校党の疑惑をよび,77年1月末の私学校党の兵器・弾薬等の奪取行動となり,西南戦争の発端となった。…

※「中原尚雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android