中島浄雲(読み)なかじまじょううん

世界大百科事典内の中島浄雲の言及

【あめ(飴)】より

…熊本のそれは朝鮮あめと呼ばれ,藩主から将軍に献上される例であった。江戸では寛永年間(1624‐44)に京都からくだった中島浄雲がはじめたといい,〈以て官家の用と為す〉と《本朝食鑑》は記している。飴売
[製法]
 (1)麦芽による製法 麦芽の糖化酵素を利用するもので,古来の伝統的な製法である。…

【求肥】より

…牛のなめし革に似ているところからの名といい,はじめは牛皮,牛脾と書いていたが,のちに求肥の字があてられるようになった。《本朝世事談綺》によると,寛永年間(1624‐44)にある大名が京都でこれを食べて感心し,中島浄雲という者を江戸へ招いてから,江戸でも行われるようになったという。【池田 暉】。…

※「中島浄雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android