中島浄雲(読み)なかじまじょううん

世界大百科事典内の中島浄雲の言及

【あめ(飴)】より

…熊本のそれは朝鮮あめと呼ばれ,藩主から将軍に献上される例であった。江戸では寛永年間(1624‐44)に京都からくだった中島浄雲がはじめたといい,〈以て官家の用と為す〉と《本朝食鑑》は記している。飴売
[製法]
 (1)麦芽による製法 麦芽の糖化酵素を利用するもので,古来の伝統的な製法である。…

【求肥】より

…牛のなめし革に似ているところからの名といい,はじめは牛皮,牛脾と書いていたが,のちに求肥の字があてられるようになった。《本朝世事談綺》によると,寛永年間(1624‐44)にある大名が京都でこれを食べて感心し,中島浄雲という者を江戸へ招いてから,江戸でも行われるようになったという。【池田 暉】。…

※「中島浄雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android