コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中心静脈栄養法 ちゅうしんじょうみゃくえいようほう

大辞林 第三版の解説

ちゅうしんじょうみゃくえいようほう【中心静脈栄養法】

鎖骨下や大腿部などの太い静脈に直接カテーテルを挿入し、栄養液を注入する方法。長期間腸から栄養が摂取できない時に用いる。高カロリー輸液法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中心静脈栄養法の言及

【吸収不良症候群】より

…そのほか,消化異常に基づく吸収不良症候群には消化酵素剤が,盲係蹄症候群に対しては抗生物質が有効である。ところで,最近,栄養素の補給に対する画期的な治療法として中心静脈栄養法と経腸管栄養法が開発され,臨床に用いられている。中心静脈栄養法は,中心静脈に管を挿しこんで,高張糖液,アミノ酸製剤,脂肪乳剤などを輸液して高カロリーを補給する方法である。…

※「中心静脈栄養法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中心静脈栄養法の関連キーワードクローン病の栄養療法末梢非経口栄養人工栄養法クローン病カテーテル在宅ケア内部障害在宅医療中心静脈腹部外科大腿部IVH栄養液胃ろう

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中心静脈栄養法の関連情報