コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村敬宇 なかむら けいう

美術人名辞典の解説

中村敬宇

幕末・明治の啓蒙学者。江戸生。幼名は釧太郎、のち敬輔、敬宇は号、諱は正直。昌平黌に学び、のち教授となる。渡英し、帰国後スマイルスの『セルフヘルプ』を翻訳した。『西国立志編』を出版。私塾同人社を設け、「三田聖人」福沢諭吉と並び、「江戸川の聖人」といわれた。明治24年(1891)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典内の中村敬宇の言及

【中村正直】より

…明治前半期の啓蒙思想家・教育家,文学者。号は敬宇。江戸麻布に生まれ,昌平坂学問所に学び,その教授となり,1855年(安政2)ころより英学を学びはじめた。62年(文久2)異例の若さで儒官となり,66年(慶応2)幕府の英国留学生取締役を命ぜられイギリスに留学。68年(明治1)幕府瓦解により帰国し,静岡学問所の教授となった。翌年静岡北郊の大岩村の屋敷に私塾同人社を営んだ。そのころよりサミュエル・スマイルズの《Self Help》を訳しはじめ,71年《西国立志編》として刊行し,72年にはジョン・スチュアート・ミルの《On Liberty》を《自由之理》として訳刊した。…

※「中村敬宇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報