中茂津多岬(読み)なかもったみさき

世界大百科事典内の中茂津多岬の言及

【茂津多岬】より

…北海道南西部,渡島(おしま)半島北部の日本海側にある岬。後志(しりべし)支庁島牧村と檜山(ひやま)支庁瀬棚町の境に北から冷水(ひやみず)茂津多岬,中茂津多岬,茂津多岬があり,総称して茂津多岬と呼ぶ。狩場山(1520m)が日本海に突出したところで,海岸線は屈曲に富み,高さ数十mの海食崖が約3kmにわたって連続する。…

※「中茂津多岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android