コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中院定平 なかのいん さだひら

朝日日本歴史人物事典の解説

中院定平

生年:生没年不詳
鎌倉時代後期から南北朝時代前期の公家,武将村上源氏左少将,のち右中将。『太平記』によれば,はじめ後醍醐天皇の鎌倉幕府を討つ運動に加わり,同天皇の隠岐配流中は護良親王側近として,さらに建武新政下では天皇配下の武将として活動。建武3/延元1(1336)年5月湊川の戦で足利軍に敗れたのち,同10月河内(大阪府)へ隠れて以降消息不明。

(森茂暁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

中院定平の関連キーワード生年

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android