コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山可澄 まるやま よしずみ

3件 の用語解説(丸山可澄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

丸山可澄

水戸藩儒臣。名は可澄(可証)、字は仲治、通称は雲泉・雲半、号は活堂・混斎。水戸の人。金井桐軒に師事。著書に『諸家系図纂』『近代帝系』等。享保16年(1731)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山可澄 まるやま-よしずみ

丸山活堂(まるやま-かつどう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

丸山可澄

没年:享保16.5.11(1731.6.15)
生年:明暦3(1657)
江戸前期から中期にかけての国学者,神道学者。水戸藩士田代五衛門乗久の次男,母の旧姓丸山氏を称した。字は仲活,雲平。号活堂,混斎。水戸の彰考館で文庫管理を務めること57年,『大日本史』史料探訪に日本中を歩いた。今井順に師事して,神道研究にも業績を残した。18歳から徳川光圀に仕え,天和3(1683)年からは書物の管理出納を任ぜられた。光圀の命の下編集した『花押藪』(正,1690年刊,続,1711年刊)は,1500人弱にのぼる日本歴史人物の花押を位階と年代によって分類し,各略伝を付した精確な総合図鑑で,『諸家系図纂』(30巻,1692年成立)とともに,『大日本史』の副産物として名高い。『筑紫巡遊日録』『奥羽道記』などの編著もある。<参考文献>水戸史学会編『水戸史学先賢伝』

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸山可澄の関連キーワード堤盛尹松木満彦円筒土器染色分体桃割れ縁かいな節伊達模様道学者横山神道田中義能

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone