コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山活堂 まるやま かつどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山活堂 まるやま-かつどう

1657-1731 江戸時代前期-中期の儒者。
明暦3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。今井桐軒(どうけん)にまなぶ。徳川光圀(みつくに)の命で諸国をまわって史料を収集。彰考館で書籍の管理・出納役をつとめ,「大日本史」の編修にあたった。享保(きょうほう)16年5月11日死去。75歳。本姓は田代。名は可澄(よしずみ)。字(あざな)は仲活。通称は雲平別号に混斎。著作に「泰伯論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丸山活堂の関連キーワード丸山可澄儒者

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android