コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主水正正清 もんどのしょう まさきよ

2件 の用語解説(主水正正清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

主水正正清 もんどのしょう-まさきよ

正清(まさきよ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

主水正正清

没年:享保15.6.6(1730.7.20)
生年:生年不詳
江戸中期の薩摩(鹿児島)の刀工。通称を宮原清右衛門といい,丸田惣左衛門正房に鍛刀を学んだ。はじめ清盈と名乗り,次いで正清に改名している。享保6(1721)年,8代将軍徳川吉宗に江戸に召し出され,筑前(福岡県)の信国重包,同国の主馬首一平安代と共に浜離宮で,将軍御前で作刀した。その功により,銘に一葉葵紋を切ることを許され,また帰国の途,京都での主水正の官名を賜った。作品は刀,脇指が多く,いずれも身幅の広い豪壮な造込で,美濃の志津を倣った湾れに互の目を交え,沸の強くついた刃文を得意としている。<参考文献>『薩摩刀名作集』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主水正正清の関連キーワード鹿児島古薩摩鹿児島県薩摩川内市国分寺町国平是一(4代)是一(5代)祐平歳長(山城守系・3代)波平正国波平安行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone