コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正清 マサキヨ

デジタル大辞泉の解説

まさきよ【正清】

[1665~1730]江戸中期の刀工薩摩(さつま)の人。本名、宮原清右衛門。将軍徳川吉宗のために刀を鍛えた功によって主水正(もんどのしょう)を受領、その作に一葉葵を刻することを許された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正清 まさきよ

1670-1730 江戸時代中期の刀工。
寛文10年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の丸田惣左衛門正房にまなぶ。享保(きょうほう)6年将軍徳川吉宗の命により江戸の浜御殿で刀をきたえ,に一つ葉葵紋(あおいもん)を切ることをゆるされた。銘は主水正(もんどのしょう)藤原正清など。享保15年6月6日死去。61歳。姓は宮原。初名は清盈。通称は清右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まさきよ【正清】

1665~1730) 江戸中期の刀工。薩摩の人。江戸で将軍吉宗のために刀を鍛え、それにより主水正もんどのしようを受領、一葉葵を刻むことを許された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正清の関連キーワード坂田半五郎(初代)豊竹麓太夫(初代)魅せられたる魂待賢門平治合戦鎌田正清の娘福井作左衛門歓喜院聖天堂桜井 兵五郎8月16日清正誠忠録鎌田正清妻八陣守護城主水正正清高山 尚平大商蛭子島鳥山新三郎稲葉正能義経伝説戸部清延鎌田盛政

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正清の関連情報