正清(読み)マサキヨ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正清 まさきよ

1670-1730 江戸時代中期の刀工。
寛文10年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の丸田惣左衛門正房にまなぶ。享保(きょうほう)6年将軍徳川吉宗の命により江戸の浜御殿で刀をきたえ,に一つ葉葵紋(あおいもん)を切ることをゆるされた。銘は主水正(もんどのしょう)藤原正清など。享保15年6月6日死去。61歳。姓は宮原。初名は清盈。通称は清右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まさきよ【正清】

1665~1730) 江戸中期の刀工。薩摩の人。江戸で将軍吉宗のために刀を鍛え、それにより主水正もんどのしようを受領、一葉葵を刻むことを許された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正清の関連情報