久村暁台

美術人名辞典の解説

久村暁台

江戸後期の俳人。尾張生。姓は加藤、名は周挙、字は呉(後)一、通称は平兵衛、別号に他朗・買夜・暮雨巷龍門等。尾張徳川家江戸詰として仕えた後、俳諧を蓮阿坊白尼に学び、その後独立して蕉風の復興に努めた。多くの弟子を得、東の大島蓼太と共に並び称され、横井也有・大島蓼太・与謝蕪村らと交わり、名古屋を中心に一大勢力を誇った。二条家から中興宗匠の称号を与えられた。『暁台七部集』等を編纂した。寛政4年(1792)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android