コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙卯士禍 おつうしか

世界大百科事典内の乙卯士禍の言及

【士禍】より

…1504年,燕山君は生母の廃位,処刑に関係した勲旧派およびこれに賛成した士林派48名を死刑にするという弾圧を加えた。(3)1519年(中宗14,乙卯)の〈乙卯士禍〉。1506年,燕山君が追放され,中宗が即位したが,中宗は趙光祖ら士林派を重用した。…

※「乙卯士禍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android