九九式小銃(読み)きゅうきゅうしきしょうじゅう

世界大百科事典内の九九式小銃の言及

【三八式歩兵銃】より

…騎兵,砲兵など歩兵以外には三八式小銃を短くした三八式騎銃が採用された。1935年ころには諸外国の小銃の口径が7~8mmとなったことに伴い,1939年(皇紀2599年)に口径を7.7mmとした九九式小銃が採用され,しだいに三八式小銃にかえられていったが,第2次大戦終戦まで全軍には行きわたらなかった。小銃【升本 清】。…

※「九九式小銃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android