コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九店仲間 くたななかま

世界大百科事典内の九店仲間の言及

【十組問屋】より

…問屋を通さぬ流通は抜荷打越荷物として規制されることになり,問屋仲間と仲間外商人との対立が激化したが,1841年(天保12)に天保改革の一環として株仲間解散令が出されたことから,権力による流通独占保障は望めなくなった。大坂においても二十四組問屋という連合組織があったが,解散を余儀なくされ,廻船支配や難船処理の必要性から,九店(くたな)仲間を新たに結成した。これは大坂―江戸間の重要流通商品である油,紙,木綿,綿,薬種,砂糖,鉄,蠟,鰹節の9品を扱う問屋仲間の連合組織である。…

【二十四組問屋】より

…翌42年に海難事故が起こり,海損仕法を規定したが,従来の大坂二十四組問屋なる荷主仲間機関がないため,その効力と適用に十分な成果をあげることができなかった。そこで46年(弘化3)に,二十四組問屋に代わる九店(くたな)仲間が結成された。九店とは,旧二十四組問屋のなかの綿,油,紙,木綿,薬種,砂糖,鉄,蠟,鰹節の9品を取り扱う問屋商人が連合したもので,残りの荒荷(雑貨類)を取り扱う商人は十三店を結成し,九店仲間に付属することになった。…

※「九店仲間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone