乳頭(乳房)(読み)にゅうとう

世界大百科事典内の乳頭(乳房)の言及

【育児囊】より

…このような未熟児を収容して,保護と哺育をする囊状構造物が育児囊である。この中には乳頭があるので,母親の腟(ちつ)口から出てきた裸の新生児は頭と前肢を使い,毛の中を泳ぐようなかっこうで育児囊へ向かって進む。新生児にはまだ口裂ができていないので,その口はちょうど瓶の口のような丸い形をしている。…

【乳房】より

…哺乳類の乳腺を覆う膨らんだ部分で,その先端に乳頭papilla mammalがある。乳房はウシ,ヤギ,ヒツジなどの家畜では顕著であるが,野生の哺乳類では授乳期においてもあまり明らかでなく,乳頭によってその存在がわかる程度のものが多い。…

【乳腺】より

…最も原始的な哺乳類の単孔類のうち,カモノハシでは多数の乳腺が集合して平坦な皮膚面に直接開口し,ハリモグラでは生殖時期には開口部がややくぼみを生じ,乳囊mammary pouchを形成する。その他の哺乳類では乳頭nippleが形成され,幼児の哺乳に適した形態となる。構造上は複合胞状腺であり,分泌様式からは分泌物が細胞質の一部とともに排出される離出分泌腺である。…

※「乳頭(乳房)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android