コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾霧 カンム

デジタル大辞泉の解説

かん‐む【乾霧】

その中に入ってもぬれない程度の、細かい水滴からなる。⇔湿霧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんむ【乾霧】

きわめて小さい水滴からなる霧。囲まれても濡れるほどではない。 ↔ 湿霧

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の乾霧の言及

【霧】より

…(3)霧粒の状態による分類 (a)湿霧 地物がぬれるほど十分に大きな水滴からできている霧。この逆を乾霧ということもある。(b)氷霧 小さな氷の結晶からなる霧。…

※「乾霧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾霧の関連キーワードほど

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android