コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀ヶ岡式土器 かめがおかしきどき

世界大百科事典内の亀ヶ岡式土器の言及

【亀ヶ岡遺跡】より

…明治期の人類学・考古学界に与えた影響は大きく,学史的にも重要な位置をしめる。この遺跡の土器を基準とする亀ヶ岡式土器という名称は今日でも東北地方の縄文晩期の土器を総称する用語となっている。出土品の多くは散逸したが,まとまった資料が東京大学,東北大学,慶応大学,地元の木造町亀ヶ岡考古館などに保管されている。…

※「亀ヶ岡式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀ヶ岡式土器の関連キーワード亀ヶ岡石器時代遺跡亀ヶ岡遺跡佐野遺跡橿原遺跡大洞貝塚寺脇貝塚土版

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android