コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀大夫神事 かめたゆうしんじ

世界大百科事典内の亀大夫神事の言及

【熊野大社】より

…例祭10月14日。特殊神事に4月13日の御櫛祭,10月15日の鑽火祭(さんかまつり)(きりびまつり,また亀大夫神事ともいう),11月13日の御狩祭など,他にみられぬ神事がある。【鎌田 純一】。…

【八雲[村]】より

…島根県東部,八束(やつか)郡の村。人口6694(1995)。松江市の南に接し,中央を北流する意宇川に桑並川,東岩坂川などが合流する。意宇川上流にある熊野大社は《出雲国風土記》にみえる古社で,出雲大社と並び称された。戦国期には尼子氏の居城月山(がつさん)城(広瀬町)への要路にあたり,熊野大社南方にあった熊野城は,毛利氏の侵攻により落城した。江戸時代には松江藩の奨励もあって,熊野地区での茶の栽培や東岩坂の別所地区での和紙製造が盛んで,別所では現在も手すき和紙生産が行われ,出雲民芸紙として知られる。…

※「亀大夫神事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android