コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀山上皇 かめやまじょうこう

百科事典マイペディアの解説

亀山上皇【かめやまじょうこう】

亀山天皇

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の亀山上皇の言及

【八条院】より

…83年(弘安6)安嘉門院は死去,膨大な荘園は後堀河天皇の女室町院の手中に入ろうとした。しかし亀山上皇は関東に申し入れて八条院領の伝領承認を求め,幕府もこれを認めたので,この荘園群はすべて亀山の管領下に入り,大覚寺統の最大の経済的基盤となったのである。1302年(乾元1)亀山はいったんそのすべてを後宇多上皇に譲るが,05年(嘉元3)これを改め,庁分を後宇多に与えたのみで,他の御願寺領を後宇多の異母弟恒明親王に譲る。…

※「亀山上皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀山上皇の関連キーワード続拾遺和歌集昭訓門院春日湯地 丈雄新陽明門院花山院師継西園寺実兼後宇多天皇南禅院庭園西園寺公衡尊珍法親王山崎 朝雲中御門経任恒助法親王久我具房藤原宗氏無関普門二条為氏南浦紹明吉田経長世良親王

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀山上皇の関連情報