コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事前協議制 じぜんきょうぎせい

大辞林 第三版の解説

じぜんきょうぎせい【事前協議制】

労使協議制の一。経営計画などの実施にあたり、事前に使用者と労働組合が協議を行う制度。
在日米軍の配置・装備の重要な変更、日本を基地とする作戦行動については日米両国が事前に協議するというきまり。1960年(昭和35)の日米安全保障条約改定の際の交換公文で取り決められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事前協議制
じぜんきょうぎせい

労使協議制」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事前協議制の関連キーワード全国電気通信労働組合日米安全保障条約法定外新税在日米軍労働組合作戦行動地方財政安保闘争交換公文経営計画地方債全電通使用者事前

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android