コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労使協議制 ろうしきょうぎせいjoint consultation system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労使協議制
ろうしきょうぎせい
joint consultation system

労働者と使用者間で,主として生産・経営などについて協議する制度。労働者側は労働組合にかぎらず,従業員代表の形をとることもある。ドイツで法制化されたものは経営参加の性格が強い。日本では企業レベルで生産・経営について労使の意思疎通をはかる場として経営協議会を設けている例が多いが,一部の基幹産業では業種レベルの労使協議会が定期的にもたれている。労働条件を必ずしも直接の対象にはせず,協議の結果を協定化して労使を拘束するとはかぎらないことから,団体交渉とは区別される (→経営参加制度 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

労使協議制【ろうしきょうぎせい】

使用者または使用者団体と労働者団体の双方の代表が,企業の経営・生産など相互に関係ある事項について合議する制度。争議権を前提とする団体交渉とは異なる。英国のホイットリー委員会やドイツの共同決定方式および官公職員代表制などの方式がある。
→関連項目産業民主主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうしきょうぎせい【労使協議制】

労使協議制は,その機能や組織や運営方法などが時代や国によって異なるため,一義的には定義しがたい。あえていえば,それは労働者がその代表組織を通じて企業の経営管理上の諸決定に発言権を行使するための制度であって,争議権を前提とする団体交渉制度とは区別されるものであるといえる。労使協議制は歴史的には,〈意思疎通型〉〈合同協議型〉など種々な形態をもって推移してきた。この制度は,第2次大戦後には広く先進資本主義国に普及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろうしきょうぎせい【労使協議制】

経営上の諸問題について労働者と使用者が協議すること。団体交渉とは協議事項が違うのが原則だが、明確には区別されていない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

労使協議制
ろうしきょうぎせい
joint consultation system

労使協議制は、時代や国によって、機能、組織、運営方法は異なっている。公約数的に定義を行うと、労働者が、団体交渉とは区別される労使間の協議の機構・組織を通して、経営・管理上の意思決定・情報伝達過程に参加することである。そこでは経営、生産問題、安全衛生、福利厚生、情報提供など従来の団体交渉では取り扱われなかった事項が協議・報告される。労使協議制は、団体交渉と異なり、争議権をもたず、協議・提案・情報提供といった限定された範囲内で行われるため、その規制力は限られたものである。歴史的にみると、労使協議制は、第二次世界大戦後の経済復興のため労使双方の融和・協力や技術革新の円滑化を図るために経営側の主導によって導入されている。経営側は、労使協議制において、経営権にかかわる事項の労働者・労働組合の意思決定過程への参加を拒否する反面、情報提供等を通して、労働者の経営側への協力を取り付けようとする。それに対して労働組合は、企業・職場レベルでの諸決定について組合の関与を強めるとともに、労使協議制においても多様な事項の決定過程への参加と主導権の確立を図ろうとする傾向がある。[守屋貴司]

外国

イギリスにおける労使協議制は、第一次世界大戦中、労使協力に基づく戦争遂行体制の確立のためホイットレー委員会によって、労使協議制の導入が勧告され、工場委員会として展開した。そして、第二次世界大戦から戦後にかけては、合同委員会として一定の広がりをみせた。ショップ・スチュワード(職場委員)運動の隆盛とともに、一時、衰えたが、1980年代以降、新技術の導入や競争力の増大のために、労使合同協議会として労使協議会が拡大してきた。
 また、ドイツでは、ワイマール共和制下において経営協議会Betriebsratとして労使協議制が展開された。そして、第二次世界大戦後、旧西ドイツにおいて、経営組織法の制定によって労使協議制が法制化され、従業員5人以上の企業に経営協議会の設置が義務づけられることとなった。1990年以降のヨーロッパにおける労使協議制の大きな変化としては、ヨーロッパ連合(EU)統合下、ヨーロッパ労使協議会に関する指令が出され、ヨーロッパ労使協議会の法制の成立が図られてきた点がある。この指令は、EU下の一定の規模以上の多国籍企業において労使協議制度を通して情報提供、協議を促進しようとするものである。[守屋貴司]

日本

日本の労使協議制は、まず第二次世界大戦後、労働者コントロールに近い形で経営協議会として成立した。経営協議会は、第二次世界大戦直後の高揚した反体制運動を背景として広まった。しかし、その後、東西冷戦構造の深まりを背景としたアメリカの占領政策の転換によって、日本の戦前の経営者層の復活や経営権の確立・拡大が進み、経営協議会は解体を余儀なくされていった。経営協議会の解体後、労使協議制は、1950年代以降、日本生産性本部の主導によって普及が図られた。そして、1960年代には、技術革新導入にあたり、労使協議制は、事業所のみならず、職場レベル、企業レベルに拡大していった。1970年代以降、経営環境の激変にともない、日本生産性本部などによって「労使一体化」のための労使協議制の拡充が叫ばれてきたが、実態的に労使協議会の労働条件向上機能がさらに減退し、経営協力機能の強化のみとなり、その役割が縮小しつつある。[守屋貴司]
『守屋貴司著『現代英国企業と労使関係――合理化と労働組合』(1997・税務経理協会) ▽木元進一郎著『労働組合の経営参加』(1977・森山書店) ▽伊澤章著『欧州労使協議会への挑戦――EU企業別労使協議制度の成立と発展』(1996・日本労働研究機構)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の労使協議制の言及

【産業民主主義】より

…しかし20世紀に入って労働運動が社会主義の影響を強く受けるようになったため,資本家と労働者の権利のあり方の相違に対する否定的な思想が広がり,ウェッブ夫妻も含めて労働者の権利を資本家の権利に近づけるという内容で産業民主主義を理解する考え方が強まった。また労働組合運動がサンディカリスムの影響を受け,社会革命を目的とする傾向が生ずるに及んで,これと対抗するためにも,正常な労使関係の中で労働者の不満を平和的に解消する目的で労使協議制が提唱され,労働条件の交渉にとどまらず労働のあり方や経営のあり方についての労働者の発言権が拡大された。さらに,労使協議制の規模を個別企業から産業全体に拡大し,労働者代表の意見を産業内の全企業に対する共通規制や企業団体の活動にまで反映させる方策がとられるにいたった。…

※「労使協議制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

労使協議制の関連キーワード経営協議会[日本]合理化(経営)産業別労使会議ゼンキン連合産業民主制事前協議制共同決定法団体交渉権労使関係社会党ILO

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android