二体石経(読み)にたいせっけい

世界大百科事典内の二体石経の言及

【石経】より

…元代にモンゴル軍のため破壊され,今日では拓本の残欠が存するにすぎない。(5)北宋石経 慶暦1年(1041)から嘉祐6年(1061)にかけて刻され,篆書と楷書で書かれたので嘉祐石経または二体石経とも称する。《易》《書》《詩》《周礼》《礼記》《春秋》《孝経》《論語》《孟子》の9経で,国都汴京(べんけい)の太学に立てられたが,今日ではわずかな残石しか存在しない。…

※「二体石経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android