二大(読み)にだい

世界大百科事典内の二大の言及

【太尉】より

…秦・漢初は武官の最高のもの,尉の大なるものの意味であったが,漢の武帝以後は大司馬に変わり,後漢では三公の首におかれた。その後太尉と大司馬は並んで置かれ,北魏では大司馬と大将軍を二大と称し,その下に太尉・司徒・司空の三公が置かれた。隋・唐の三公もこの制をついだが,実権はなく,宋では臣下の三公の首位,皇子の任ぜられる検校官の第2位,北宋末以後は武階官の首位の官名となり,元以後は消滅した。…

※「二大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二大の関連情報