二次体色反応(読み)にじたいしょくはんのう

世界大百科事典内の二次体色反応の言及

【体色変化】より

…この機構による日周期的体色変化も多くの変温脊椎動物で観察されている。胚の発生初期,体表に出現したばかりの色素胞やウニ類の色素胞では,光が直接色素胞に作用して,体色変化を生じる例が知られており,光受容器を介して生じるいわゆる二次体色反応に対し,一次反応と呼ばれている。光のほか,温度・湿度も体色に影響することが知られている。…

※「二次体色反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android