コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次元バーコード にじげんばーこーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

二次元バーコード

文字や数字などのデータを縦横2方向の図形パターンとして印刷する技術。従来のバーコードに比べ、記録密度は20~100倍。文字数にすれば、従来は英数字20文字程度だったが、二次元バーコードは、数千文字を記録可能。英数字だけでなくカナや漢字なども表現できる。二次元バーコードには、従来のバーコードを積み上げた形の「スタック型」と、格子状パターンの「マトリックス型」がある。日本ではマトリックス型の「QRコード」(デンソーウェーブが開発)が一般的。携帯電話のアドレス読み取り機能などに採用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二次元バーコードの関連情報