二次製錬(読み)にじせいれん

世界大百科事典内の二次製錬の言及

【製錬】より

…直接製錬は工程数が少ないので,製錬プロセスの省エネルギー化,省力化の可能性を秘めており,現行製錬法の技術革新のために広く研究の対象となっているが,プロセス制御の困難,製品歩留り(原料中に含まれた金属分のうち製品として採取できた量の割合)の低下,製品純度の低下などの欠点の克服が通常難しい問題となる。工業生産される金属では間接製錬が普通で,一次製錬(粗製錬,目的金属の濃縮)と二次製錬(精製,純金属の製造)などの2段階以上のプロセスで組み立てられている。(2)乾式製錬と湿式製錬 水溶液を利用した製錬法を湿式製錬,水溶液を用いないで,高温化学反応を利用した製錬方式を乾式製錬と呼ぶ。…

※「二次製錬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android