五日市憲法(読み)いつかいちけんぽう

大辞林 第三版の解説

いつかいちけんぽう【五日市憲法】

1880、81年頃、千葉卓三郎によって起草された民主的憲法草案。詳細な人権規定をもつもので、五日市の豪農深沢家の援助の下、五日市学芸講談会による共同研究と討論を背景に作られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五日市憲法の言及

【千葉卓三郎】より

…明治期の代表的な私擬憲法である日本帝国憲法(五日市憲法草案)の起草者。陸奥国栗原郡白幡村(現,宮城県栗原郡志波姫町)に生まれ,11歳のとき仙台で大槻磐渓に学ぶ。…

※「五日市憲法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五日市憲法の関連情報