コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五雲亭貞秀

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五雲亭貞秀

1807(文化4)年、下総国布佐(現・我孫子市布佐)生まれ。本名は橋本兼次郎。当時の人気絵師・歌川国貞(3代豊国)の門人となって歌川貞秀を名乗り、五雲亭貞秀、玉蘭斎など多くの号を用いた。幕末の浮世絵界を支えた1人で、67(慶応3)年のパリ万国博覧会では、幕府出品の浮世絵総代絵師として10点を出品し、高い評価を受けた。

(2011-12-03 朝日新聞 朝刊 千葉全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

五雲亭貞秀の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト藤田貞資株式会社休明光記亀山焼三菱自動車柴田是真