コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川貞秀 うたがわ さだひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川貞秀 うたがわ-さだひで

1807-1878? 江戸後期-明治時代の浮世絵師。
文化4年生まれ。初代歌川国貞門人横浜絵第一人者といわれる。精密で鳥瞰(ちょうかん)式の一覧図や合巻挿絵でも知られた。明治11年?死去。72歳?姓は橋本。通称は兼次郎。別号に玉蘭斎,五雲亭など。作品に「神名川横浜新開港図」「御開港横浜之全図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

歌川貞秀の関連キーワード南総里見八犬伝五雲亭貞秀歌川芳虎橋本貞秀明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌川貞秀の関連情報