コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜浪 あろう

世界大百科事典内の亜浪の言及

【臼田亜浪】より

…1896年上京後,《日本》派の俳句に親しんだが,1914年,腎臓を病み信州で静養中,高浜虚子の勧めで本格的に俳句を志した。翌年大須賀乙字の援助を得て俳誌《石楠(しやくなげ)》を創刊,俳句ひとすじに進み,25年《亜浪句鈔》を上梓した。俳句の理念を“まこと”に置き,芸術を超えた道として追求。…

※「亜浪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

亜浪の関連キーワード飛鳥田 孋無公甲田 鐘一路山田 麗眺子川島 彷徨子日本(新聞)島田 九万字松村 巨湫安藤 甦浪金尾梅の門佐野 良太安藤姑洗子太田 鴻村林原 耕三富田 木歩栗生 純夫青木 敏彦新井 声風島田九万字青柳 菁々臼田 亜浪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android