コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京戸田 きょうこでん

世界大百科事典内の京戸田の言及

【平安京】より

… 京中の民政に当たったのが左右の京職で,これにより編戸造籍された住民を京戸といい,京外に口分田を与えられていた。そこでこれを京戸田というが,遠隔地に班給されるものも多く,早くに衰退し,京戸は他に生業をもつことを余儀なくされた。七条には市(いち)が置かれ,定められた物品を交易したが,市人が市司の統制をはなれ,私的な経済活動をする傾向は早くから見られた。…

※「京戸田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android