コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極准后 きょうごくじゅごう

朝日日本歴史人物事典の解説

京極准后

生年:生没年不詳
鎌倉中期の皇族。後嵯峨天皇の妃,平棟子。正五位下勘解由次官平棟基の娘。後嵯峨天皇の第1皇子宗尊親王の生母。従一位准三宮になり,居宅の在所から京極准后と呼ばれた。後嵯峨天皇の皇孫後宇多天皇の後見人となり,その第1皇子邦治親王(後二条天皇),皇女達智門院をその居宅で養育した。その所領は安楽寿院領播磨国(兵庫県)大国庄内神吉村,美作国(岡山県)建部庄,室町院領丹波国豊富庄(京都府),讃岐国円座保(高松市),七条院領越前杣山保(福井県南条町)と後嵯峨上皇から譲られた播磨国西河庄,小室庄,厚利別符(兵庫県東条町)である。これらの所領は後二条天皇の皇子の邦良親王に譲られた。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

京極准后の関連キーワード平棟子(2)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android