仁井田郷士(読み)にいだごうし

世界大百科事典内の仁井田郷士の言及

【郷士】より

…江戸時代の武士は城下町居住を原則としていたが,これ以外に農村居住を原則としながら百姓ではなく,しかも武士的身分を与えられていたものが全国的に少なからず存在しており,これらを郷士と総称する。しかし,城下町に居住すべき正規の武士でありながら一時的に郷村に居住しているもの,また大藩の陪臣で主人の知行地に住んでいるものなどは郷士といわない。郷士は正規の武士より一段低い身分ではあったが,農民よりは上位の身分で,領内支配のかなめとなる場合もあった。…

※「仁井田郷士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android