コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台国包(初代) せんだい・くにかね

1件 の用語解説(仙台国包(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

仙台国包(初代)

没年:寛文4(1664)
生年:文禄1(1592)
江戸時代,仙台に住した刀工。国分若林(仙台市)に生まれ,名を源蔵といい,自ら大和保昌の末流と称している。慶長19(1614)年,伊達政宗の命により京の三品派の越中守正俊の門に入り,元和5(1619)年帰国し,藩工として作刀を続けた。寛永3(1626)年,山城大掾を受領し,寛永13年,政宗が没すると国包も入道して用恵と名乗っている。作風は保昌の末流と称しているように,鍛えは純然とした柾目で,刃文は直刃がほつれ,砂流しのかかった独特のものである。同銘が幕末まで13代続く。この作風も後代まで受け継がれた。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙台国包(初代)の関連キーワード下坂下原物当麻物若林包蔵(初代)国行(2)倫祐(初代)倫祐(2代)若林隔水

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone